まずは糠平界隈に

北海道生活

最近、毎月行っている十勝仕事。
だいたい3泊4日ぐらいで行くことが多いんだけど、今回は1泊2日。
まず、上士幌の糠平界隈から。

上士幌町鉄道資料館横

上士幌町鉄道資料館とひがし大雪自然館に。
鉄道資料館の横でエゾシカ発見。
それほど珍しくはないんだけど、見ると撮っちゃうんだよなぁ〜。

エゾシカ

ひがし大雪自然館横にはバス停があり、十勝バスが停まっていた。

十勝バス

十勝バスって好きだなぁ。
カラーも好きだし、ロゴのフォントも好き。
乗ったことはないんだけどねー。

タウシュベツ川橋梁

ここのところ十勝に行くたび必ず訪れているタウシュベツ川橋梁にも。
今年の糠平湖は、いつもよりも水位の高くなるのが遅いみたいで、湖底はちょろちょろと川が流れているだけで、橋脚は水に浸かっておらず、周辺は牧草地のように青々としていた。

タウシュベツ川橋梁にはほとんど人がおらず、ほぼ貸切状態だったのだが、途中で何人かの観光客が。
観光客同士が話していた「第六音更川橋梁の橋脚が崩れたらしいよ」という会話がチラリと聞こえてきた。
先月も撮影しに行ったよなぁ〜と思いながら、第六音更川橋梁に行ってみた。

第六音更川橋梁

橋のそばまで行くとロープが張り巡らされていて立ち入り禁止になっている。
先月撮影した場所まで行かれへんやん。
っていうか、橋梁すら見られへん。
・・・・・・ということで、熊笹しげる道なき道をぐるりと遠回りして歩き、川縁までおりる。川の下から見てみると、橋梁の橋の部分が崩れていた。

勝手に全壊したと思っていたので、ちょっと肩すかし感。
とりあえず動画も撮ってきたのだ。

ちなみに、札幌に帰ってきてから先月撮影した第六音更川橋梁を見てみると・・・・・・なんと、すでに崩壊していた。端っこだけが崩落したのと、上から撮影していたので、気づいていなかったのだ。

コメント