» 買物のブログ記事

フレンチトースト

昨日は休みだったので朝からフレンチトーストを作った。
やることが一杯あったけど、なんか久しぶりに食べたくなって・・・・・・。

考えてみたらホットケーキも久しく作ってないなぁ。
あれ? もしかしたら札幌に来てからいちども作ってないかも。
いや、でも冷蔵庫に使いかけのホットケーキミックスが入っているから作ったのかな?
ん〜覚えてないや。

自転車

今乗っている自転車。
最近、スポークが1本折れた。
そして、なにかしら調子が悪いところがでてきている。

調べてみると2010年の6月に買っている( → こちら )。
この自転車に乗って5年が過ぎたんだ。
タイヤを交換するとか、ブレーキパットを交換するとか、そういった劣化するパーツは交換してきたけど、まったくメンテナンスしてないからなぁ。

っていうか、この2ヶ月で2,000kmぐらい乗ってるもんなぁ。

経年劣化でスポークが折れたのなら、新たにスポークを変えたとしても次々に折れてくるんだろうなぁ。
しかも、スポークが折れたせいでタイヤがふれるようになってしまった。

ってことで新しい自転車を買おうかな〜と思っている。
現在、仕事に行くために往復で40kmちょっと走っている。
定山渓の方向に行っているので、行き道はほぼ登り坂。
次に自転車を買うときにはマウンテンバイクを買いたいって思っていたんだけど、登りに強い自転車となると違うんだよなぁ。
今の自転車よりも軽量でタイヤが細いタイプになるんだろうなー。

さてさて、何を買うのやら。
現在思案中なのである。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
いつもありがとうございます。1クリックお願いします。

OLYMPUS STYLUS TG-4

オリンパスのデジカメ「TG-4」を購入した・・・ということは以前このブログで書いた( → こちら )。

スマホを防水・防塵タイプに機種変し、それを使って水中撮影をしてきたので、一緒にTG-4も撮影してみた。静止画はこのブログの関係で横幅570ピクセルで表示させてあるが、写真をクリックすれば撮影したサイズ(4608×3456ピクセル)で表示される。

●TG-4で水中撮影(標準モード)
TG-4で水中撮影(標準モード)

 

●TG-4で水中撮影(水中モード)
TG-4で水中撮影(水中モード)

 


 ブログランキング・にほんブログ村へ 
 いつもありがとうございます。1クリックお願いします。

顕微鏡モード

OLYMPUS STYLUS TG-4 Toughの顕微鏡モードには、深度合成という機能もある。
それは、カメラが自動的にピント位置をずらした複数枚の画像を撮影して、それを合成し深度の写真が記録される、というもの。このモードで撮影すると、最初の1枚目と、合成した写真の2枚が記録される。

▼深度合成モード・1枚目
顕微鏡モード・深度合成モード

▼深度合成モード・複数枚撮影してそれを合成した写真
顕微鏡モード・深度合成モード

顕微鏡モードを利用して撮影する場合に困るのは、細かい被写体のどこにピントが合っているかわかりづらいということ。TG-4は、「顕微鏡コントロール」というモニターの倍率を変更して見やすくしてくれるモードも準備されている。
変更できる倍率は2倍と4倍である。

▼顕微鏡コントロール・初期設定時
顕微鏡コントロール

▼顕微鏡コントロール・2倍時
顕微鏡コントロール

▼顕微鏡コントロール・4倍時
顕微鏡コントロール


 ブログランキング・にほんブログ村へ 
 いつもありがとうございます。1クリックお願いします。

TG-4 Tough

先日購入したOLYMPUS STYLUS TG-4 Toughの特長のひとつに「顕微鏡モード」がある。
この機能はマクロモードのことで、被写体に1cmまで寄って撮影することができるモードのことである。

▼文庫本に1cmまで寄って撮影した写真
顕微鏡モード

そして、この顕微鏡モードには、フォーカスBKT(フォーカスブラケット)というモードがある。
フォーカスBKTモードとは、カメラが自動的にピントをずらして複数枚の写真を撮影してくれるというもの。
撮影枚数と撮影ステップは設定で変更できる。
今回は初期設定のままで撮影した(撮影枚数:10枚、撮影ステップ:標準)
(※撮影ステップとは、ピントをずらす範囲のこと)

▼フォーカスBKTモード・・・1枚目
顕微鏡モード・フォーカスブラケットモード01

▼フォーカスBKTモード・・・2枚目
顕微鏡モード・フォーカスブラケットモード02

▼フォーカスBKTモード・・・3枚目
顕微鏡モード・フォーカスブラケットモード03

▼フォーカスBKTモード・・・4枚目
顕微鏡モード・フォーカスブラケットモード04

▼フォーカスBKTモード・・・5枚目
顕微鏡モード・フォーカスブラケットモード05

▼フォーカスBKTモード・・・6枚目
顕微鏡モード・フォーカスブラケットモード06

▼フォーカスBKTモード・・・7枚目
顕微鏡モード・フォーカスブラケットモード07

▼フォーカスBKTモード・・・8枚目
顕微鏡モード・フォーカスブラケットモード08

▼フォーカスBKTモード・・・9枚目
顕微鏡モード・フォーカスブラケットモード09

▼フォーカスBKTモード・・・10枚目
顕微鏡モード・フォーカスブラケットモード10


 ブログランキング・にほんブログ村へ 
 いつもありがとうございます。1クリックお願いします。

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

常に持ち歩くカメラを買った。
オリンパスの「STYLUS TG-4 Tough」である。
実はこのTGシリーズ、TG-1からずっと買い続けている。
今回もTG-3からの買い換えで、このシリーズでは4機種目となる。
なぜ、このTGシリーズにするかというと、完全防水だから。
そしてレンズが明るいからだ。

そして今回のTG-4からは、RAW保存に対応したのが買い換えた大きな理由のひとつである。
ただし、やってみたけど、RAWのみで保存できず、必ずJPEGも保存されてしまうことが買ってからわかった。
1回写真を撮って2種類のデータが保存されるのはめんどくさい・・・かも。

このデジカメの詳しい説明に関してはメーカーのサイトを見ていただきたい。
こちら

ここでは、自分の覚え書きとして、このTG-4の便利なモード「ピクチャーモード」を変更して撮影した時の写り方をアップしておくことにした。撮影したデータは無加工で800×600ピクセルにサイズダウンしている。そして、このブログでは横幅570ピクセルで表示させている。

▼ピクチャーモード「Vivid」
ピクチャーモード Vivid
色鮮やかに仕上げるモード

▼ピクチャーモード「Natural」
ピクチャーモード Natural
自然な色合いで仕上げるモード

▼ピクチャーモード「Flat」
ピクチャーモード Flat
素材性を重視した仕上がりになるモード

▼ピクチャーモード「フィッシュアイ」
ピクチャーモード フィッシュアイ
魚眼レンズを使った時のように写るモード

▼ピクチャーモード「クリスタル」
ピクチャーモード クリスタル
クロスフィルターを着けて撮影した様になるモード・・・のはずだったが、光の反射などが少なくて、この写真ではわからない(×_×)

▼ピクチャーモード「ミラー」
ピクチャーモード ミラー
画面の上半分を鏡に写した様に写真にするモード

▼ピクチャーモード「ランダムタイル」
ピクチャーモード ランダムタイル
写真をタイル状に分割して並べて1枚の写真にしたような仕上がりになるモード

▼ピクチャーモード「ポップアート」
ピクチャーモード ポップアート
色の美しさを強調した写真になるモード

▼ピクチャーモード「ファンタジックフォーカス」
ピクチャーモード ファンタジックフォーカス
幻想的な写りになるモード

▼ピクチャーモード「デイドリーム」
ピクチャーモード デイドリーム
露出をややオーバー気味にして、ふわっとした・・・・・・幻想的な感じに写るモード

▼ピクチャーモード「ラフモノクローム」
ピクチャーモード ラフモノクローム
モノクロで記録されるモード

▼ピクチャーモード「トイフォト」
ピクチャーモード トイフォト
古いカメラやトイカメラで撮影した様な写真になるモード

▼ピクチャーモード「ジオラマ」
ジオラマ
ミニチュアを撮影した様な雰囲気の写真になるモード

▼ピクチャーモード「ドラマチックトーン」
ドラマチックトーン
部分的にコントラストを強くして明暗差を強調した写真になるモード


ブログランキング・にほんブログ村へ 
いつもありがとうございます。1クリックお願いします。

札幌にて同居人とふたり暮らしをしている50代のオヤジ。

フリーランスのライター&カメラマンをしています。
道内をいろいろ回って取材や撮影の仕事をしています。

札幌にいるときは同居人のお弁当を作り晩ご飯を作っています。

サイト内検索

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

コメント

メール

メールアドレスは
cattail.Sapporo@@gmail.com
です。

お送りいただくときは全角の「@@」を半角の「@」に変更してお送りください。

広告






amazon