» 映画(DVD)のブログ記事

豚しそ梅

なんだか疲れがとれなくってほぼ1日ダラダラしていた。
夕方からぶらりと大通界隈に。
本屋で次に買おうかなと思う本を物色しチロリン村で晩ご飯。

豚しそ梅というのんを食べた。
最初めちゃウマ〜って思ったんだけど、塩っ辛くて途中で食べ疲れちゃった。
北海道で食べる外食って、けっこうどこで食べても塩っ辛いな〜と感じるんだけど、ここは特に。前に来たときも同じような感想を持ったのだった。

そしてツタヤでアベンジャーズのシリーズのいくつかを借りてきた。
アベンジャーズのシリーズの難しいのは、同じタイトルじゃないこと。アイアンマンだったり、キャプテン・アメリカだったり、マイティーソーだったり。
これまでに、アイアンマンを含む6〜7本は見てるんで・・・・・・ということで、適当に4本ほど選んだんだけど失敗。

昨日見たのはシビル・ウォー/キャプテン・アメリカ。
ここから順番に見ていって最後に「アベンジャーズ/エンドゲーム」を観りゃいいんだなと思っていたのだが・・・・・・。
アントマンだとか、手から赤色っぽい煙を出す女性のヒーローとかブラックパンサーとか出てるし。

いったいどこから見たらいいんだよ。
でもって、どのタイトルを見たらいいんだよ。
せめてタイトルにアベンジャーシリーズとか書いてほしいものだ。

B005WQWQQS インシディアス [Blu-ray]
Happinet(SB)(D) 2012-02-02

by G-Tools

ソウを作ったジェームズ・ワンとリー・ワネルが監督と脚本を…ということで借りてきた。
あと、ローズ・バーンの顔が好きだからっていう理由だけで。

いやいやいや。
なんか今時過ぎてビックリ。
内容もオーソドックスだし、撮り方もオーソドックス、しかもラストもそうくるんだってな感じ。

こういった映画はかならずツッコミ所が満載なんだけど、そのツッコミたくなる場所もありきたりすぎてちょっと悲しくなる。
続編もあるんやねー。

書道ガールズ

成海璃子がけっこう好きで彼女の映画はけっこう見ているから見てみた。
まぁガールズムービーが好きっていうのもあるんだけど。

学校のこと、部活のこと、仲間のこと、親とのこと、不況、町おこし…いろいろなテイストを盛り込んでいるんだけど、どのエピソードもどっちつかずっていうか浅すぎて胸に響かないのが残念。実話を映画にしているわけなんだが、そこにこういう演出すりゃ感動するだろうとか、涙流すだろうとか、そういったイヤラシイ思いが見え隠れしている脚本がダメなんだろうなぁ。

 B003SYB8TW
「書道ガールズ!!私たちの甲子園」BD [Blu-ray]
バップ 2010-09-17

by G-Tools


男子部員もいるんだから、もうちょっと彼らも絡めてあげようよ。
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 映画ブログへ

エンド・オブ・ザ・ワールド

小惑星が地球に激突して人類が滅びるっていう設定で、その地球最後に日に何をしたいか誰といたいか・・・というような内容のこの作品。地球最後の日をなんとか避けようとNASAが奮闘するとかそういったSFアクション映画ではなくラブストーリー的なロードムービー。

設定自体はありきたりなんだけどおもしろそう、ってことで見てみたんだけど、内容がおもしろくなかった。
コメディーとしてはまったくおもしろくないし、シリアスなラブストーリーとも言えないし。

結局、誰もがそうなるだろうな・・・っていうようなエンディングのためにダラダラと時間を費やしたって感じ。

 B00C14JUHM
エンド・オブ・ザ・ワールド DVD
TCエンタテインメント 2013-06-28

by G-Tools


キーラ・ナイトレイは絶対に脱ぐって思っていたら脱がなかった。
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 映画ブログへ

世界でひとつのプレイブック

内容を知らなかった。
単なる恋愛映画だと思ったらまったく違うんでちょっとビックリした。

それはいいけど、この手の映画の上から目線にはどうしても辟易してしまう。
ブラッドリー・クーパー演じるパットもジェニファー・ローレンス演じるティファニーも心に傷を抱えているんだけど、パットは薬物治療はしたくない。だから精神を安定させられず問題を起こしてしまう。途中から薬物治療を受け入れるんだけど、そのあたりからまったくおもしろくなくなってしまうんだなぁ。
それまでは、ふたりのやりとりがものすごくヒリヒリした感じで、よく描けていたのに。

結局、心に傷があってちょっとおかしくなってるっていうのはダメっていう目線なんだよなぁ。薬飲んで普通に戻れ・・・・・・って、だから普通っていったい何なのさ、何様なんだよ・・・って思ってしまう。
ワタクシとしたらこのふたりが普通で、周りがおかしいって思って見ていたから、途中からの変化にイライラしてしまった。

ブラッドリー・クーパーってこれまでアホ面したチャラい感じってイメージだったけど、こんな演技もできるんだ、とちょっとビックリ。ジェニファー・ローレンスはそれほどキレイな女優さんではないけど、要所要所でひきこまれるんだよなぁ。オスカーをとったわけだね。

 B00CU3DC64
世界にひとつのプレイブック Blu-rayコレクターズ・エディション
東宝 2013-08-23

by G-Tools


久しぶりに見たクリス・タッカーが太ってたんで別人かと思ってしまった。
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 映画ブログへ

NINIFUNI

ももクロの「行くぜっ!怪盗少女」のダンスのこの部分は見ていてホントに素晴らしいなぁって思う。エビ反りジャンプが注目されるこの曲だけど、この部分の可愛らしさでしょ・・・といつも思う。

って、そんなことはどうでもよく、ももクロにZがつく前、そう早見あかりがももクロにいて「ももいろクローバー」だった時期に、彼女たちが本人として出演したこの映画。彼女たちが出ている部分は相変わらずかわいらしかったけど、映画としては絶対的に究極的におもしろくない。

この映画は答えのない映画で、できごとを提示して客が何を感じるか問いかけてるってなことなんだけど、それなら内容をもっとおもしろくしようよ。おもしろくないし、手撮りの画面はぶれぶれで鬱陶しいし、ダラダラと長回しした映像は飽きてしまうし・・・・・・。

 B0091MUG98
NINIFUNI [DVD]
バンダイビジュアル 2012-12-20

by G-Tools


わけがわからんタイトルを付けるあたりもかなりサブイと思う。
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 映画ブログへ

ダイ・ハード/ラスト・デイ

ホントっ、タイトルに書いたとおり「ダイ・ハード」というシリーズである必要がまったくないよね。
不運なことにに巻き込まれてそれを渋々受け入れる・・・っていうのが最初のダイ・ハードだったんだけど、それが今じゃ・・・ネ。

しかし、アクション映画としてもダメ・・・だな。
いろいろなシーンでリアリティがなさすぎる。
カースタントシーンで、ぶつかったりして壊れているはずの車が次のシーンでは直ってるっていうのは酷すぎる。あれだけ派手に車をぶつけて走り続けられるっていう脚本自体どうかと思うけど。

とにかくコトを大きくど派手にしているんだけど、なんだかこぢんまりしてるなって感じなんだよな。

 B00APA154A
ダイ・ハード/ラスト・デイ<最強無敵ロング・バージョン>2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2013-07-03

by G-Tools


ダイ・ハードシリーズ、もうこれでラストなんだよね?
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 映画ブログへ

悪の教典

こういった映画をやったらダメなんじゃないか・・・とかそういったことは置いておくとして単に映画を見た感想を。

これだけ派手にドンパチやって追い詰めていくって感じなのにハラハラドキドキ感がないんだよなぁ。
129分という最近では長めの映画を何に共感するわけでもなくストーリーを追ったってな感じ。
飽きずにずっと見続けられたのはやっぱり監督である三池崇史の力量なんだろうな。

伊藤英明はいいキャスティングだったな・・・と思う。

B00BHAHOI8
悪の教典 Blu-ray エクセレント・エディション(特典Blu-ray付2枚組)
東宝 2013-05-24

by G-Tools


飽きずにどちらかというと楽しく見られた映画だけど好きってわけじゃない。
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 映画ブログへ

札幌にて同居人とふたり暮らしをしている50代のオヤジ。

フリーランスのライター&カメラマンをしています。
道内をいろいろ回って取材や撮影の仕事をしています。

札幌にいるときは同居人のお弁当を作り晩ご飯を作っています。

サイト内検索

カレンダー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

コメント

メール

メールアドレスは
cattail.Sapporo@@gmail.com
です。

お送りいただくときは全角の「@@」を半角の「@」に変更してお送りください。

広告






amazon