相変わらず遊び心のない「ダークナイト ライジング」

前からこのブログで書いてきているけどクリストファー・ノーラン監督はマジメだけどおもしろみがない人間だと思っている。彼の映画を見るともうそれがありありと出ていて、スゴイ映画なんだけどおもしろみにかけるところがあって楽しめないっていうか疲れる。
さらに、クリスチャン・ベイルっていう役者さんもたぶん同じような感じでマジメなんだけど人間的なおもしろみにかけるんだろうなぁっていう感じがうかがえる。

だからそんなふたりが組んだ映画はおもしろいわけはなく、すごいし大作なんだけど見終えておもしろかった〜とは思えないのは当たり前っちゃあ当たり前。このダークナイト・ライジングも確かにつまらなくはないんだけど、おもしろみに欠けるんだよなぁ。

女性の撮り方もそう。
せっかくアン・ハサウェイがあれだけセクシィに、しかもかわいらしいキャットウーマンを演じているのに、そのかわいらしさ、セクシィさにはいっさい触れず。だめじゃん。

アン・ハサウェイ

ダイエットしたのかシルエットがものすごーセクシィ。
でも顔は相変わらずゴージャスでかわいいから大好きですよ。

アン・ハサウェイ

この写真はダークナイト ライジングの時の写真じゃないけど、あまりにもゴージャスなんで貼っておこっと。むふふ。

 B005MH1KB4 ダークナイト ライジング Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
ワーナー・ホーム・ビデオ 2012-12-05
by G-Tools

アン・ハサウェイ……アカデミー賞助演女優賞おめでとうのクリーック!
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 映画ブログへ

コメント