女子力とお弁当

6月4日の同居人のおべんと

2015年6月4日、同居人のおべんと

同居人とちょっとしたもめ事があり、もう弁当は自分で作れよなー・・・ということになった。
それがおとといのこと。

おとといの晩、台所からがちゃがちゃ音がしていたから何かな〜と思ったら、同居人が弁当を作っていた。
朝、起きれないから晩のうちに作っておくという方法をとったのだろう。

冷蔵庫に保存してあったからチラっと見てみたらなんとも悲しい焼きめし。
魚肉ソーセージのみが入った焼きめし。
焦げてるしきちんと混ざってないし(×_×)
台所の流しには焼きめしの素の袋がポイっと置いてあった。
100均で買いましたのですね。

なるほどね〜と思って、昨日の晩、明日はどうするの・・・って聞いたら、おとといの晩に2日分をまとめて作ったという。
同じ焼きめしを2日連続で持ってくんだ。

2015年6月4日、同居人のおべんと

それが ↑。
おべんと箱に詰めてみたら・・・・・・。

2015年6月4日、同居人のおべんと

こんな感じ。

まったく自分の食べる量もわかってないやん。
悲しすぎる、情けなさすぎる、女子力なさすぎ・・・ってことで、今日からまたおべんとを作ってあげることになったってわけ。

なので作らなかったのは1日だけ。
女子力ないって悲しいことだよねぇ〜と思ったのだが・・・・・・。
ある意味、これが究極の女子力なんぢゃねーのー、と思ったのでした。

いちばん上の写真が今日のおべんと。
焼きめしは作ってあったからもったいないんでそのまま利用。
キャベツとニンジンをカレー味で炒めたものと、おととい同居人がレトルトを食べている時に作ったミートソースを入れ、目玉焼きを乗っけておいた。
感謝して喰えっ!


 にほんブログ村 料理ブログへ 
 いつもありがとうございます。1クリックお願いします。

お弁当
スポンサーリンク
水のない魚

コメント