餅はやっぱし旨い! 里芋も好きだ!

12月30日の晩ご飯

2012年12月30日の晩ご飯

買い物に出かけたら水菜とかがすごく高くなっていたのでビックリ。いつもなら1把100円台で売ってるのに1/4で198円だったよ。キャベツとか玉ねぎはちょっと高くてもまぁしょうがないか…ってなんか納得できるんだけど、水菜はどうも納得できない。納得できないからって買わないわけじゃないんだけど、なんか自分の心の中で納得できないんだよなぁ。だって水菜ってその辺に生えている草みたいだからなぁ。草じゃないのはわかってるんだけど、見た目が草みたいだから草が高いって…なんて思ってしまうのである。造形で判断してしまう男、オレ。

水菜ときんちゃくの炊きもの

お揚げさんの中に卵を入れたのと餅を入れたもの。それを水菜と一緒に醤油ベースで炊いたもの。

揚げに卵を入れる 揚げに餅を入れる

それと、手羽元と里芋をコチュジャンで炊いたもの。コチュジャンも砂糖も多めに入れたんで辛いし甘いしって炊きもの。
同居人、この手羽元と里芋のコチュジャン煮はかなり気に入ったみたいで一口食べるなり「うめーうめー」って言ってた。何度も言ってたからよっぽどうまかったんだろう。先日「作ってくれよぉ」って言われて作ったハンバーグは食べた後に一言「おいしかった」だったから、そのハンバーグにたぶん勝ったってワケだ。彼女は基本マズイっていう概念があまりないから普通に作りゃあ「おいしい」って言ってくれる。でも食べてる最中「うんめーうんめー」ってずっと言ってる場合と食べた後に「あぁおいしかった」って言う場合があって、好みだったから普通だったかがそれでわかる。わかりやすくってありがたいんだけどね。

手羽元と里芋のコチュジャン煮


今日の晩のために蕎麦を買ってきたんですよ。
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 料理ブログへ

内食
スポンサーリンク
水のない魚

コメント