なぜ果物がこんなに安いのだ?

12月27日のおべんと

2014年12月27日、同居人のおべんと

クリスマスイブに買ったローストチキンの最後に残ったウイングの部分。
おべんと箱に入らないからすべてほぐして入れる。
なんか至れり尽くせり〜。

キャベツと卵の炒めもの、味付けはソース。

それと練りものとカブをごま油で炒めてみたもの。
味付けはポン酢。

前にも書いたかもしれないが、北海道は(札幌だけ?)果物が安い。
みかんなんて産地じゃないくせに大阪よりも安い。
って大阪も産地じゃないけど、すぐ近くに和歌山だとか愛媛だとかあるんだけどねー。
小さいタイプが30個以上入って300円。

そしてパイナップルが100円。
オレンジが1個30円だった。

安かったからすべて買った。
買ってないけどキウイも1つ30円ぐらいで売っていた。
30円って……もう駄菓子の価格やん。

同居人のおべんとにみかんをつける。
彼女は果物が好きじゃないから(キライってわけではないけど、自分からは食べようとしない)、こうやって時々むりくそ「食べっ」ってわたさないといけない。
みかんぐらいなら自分で剝くけど、グレープフルーツなんかは剝いてあげないと食べないからめんどくせー。


 にほんブログ村 料理ブログへ 
 いつもありがとうございます。1クリックお願いします。

お弁当
スポンサーリンク
水のない魚

コメント