チェーン・リアクション

何度も見たくなる映画ってある。この映画がまさにそれ。映画館で観て、それからもう2〜3回は見てるよなぁ。かなり陳腐な映画なんで内容なんて毎回忘れているに等しいんだけど。とにかくレイチェル・ワイズ。彼女をはじめて知った映画だったのである。

Rachel Weisz

はじめて映画館で観たときに、誰アレ、この世の中でいちばんキレイな人に出会ったかも知れない…と家に戻ってきてネットで調べてたのを今でも覚えているよ。まぁ年に数回この世の中でいちばんキレイかもしれない人には出会ったりするんだけどね。それとかこの世の中でいちばん可愛い人とかさっ。でもね。そんな年に数回出会ってしまうこの世の中でいちばんキレイかも知れない人の中でもずっとベスト5ぐらいに入っているんだからこれってすごいことではないですかい?

Rachel Weisz

あぁホント好きっ!

Rachel Weisz

この映画1996年の映画なんで、もう16年近くも好き好き言い続けているワケだ。レイチェル・ワイズは今でも映画に出ているから見られるんだけど、いちばん悲しいのはワタクシが見たいと思う映画になかなか出てくれないんだよなぁ。時代ものとか硬派なのとか、そういったあまり気が進まない映画に出ることが多いってコト。ほかに好きなアン・ハサウェイとかレイチェル・マクアダムスみたいに軽〜いラブコメとか出てくれたらいいんだけどね。今、HDDレコーダーの中には、アレクサンドリアとかナイロビの蜂とかが録画されているんだけど、どちらも見ようって気になかなかならないんだよなぁ。ナイロビの蜂は映画館に観には行ったケド。

とにかくこの「チェーン・リアクション」内容なんてどうでもよくて、彼女を見ているだけであっという間にエンディングになってしまうのである。くふー。
ちなみに脇役のキアヌ・リーヴスはデブデブですぞ。

B000O78IIK チェーン・リアクション [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2007-05-18

by G-Tools


  ← 映画は女優で見れっ!

コメント