作るものの権利…それはおべんと箱選択の自由

2014年3月4日、同居人のおべんと

このブログを読んでいる人ならわかると思うけど、このおべんと箱は同居人がキライなおべんと箱。
今日もチャレ〜ンジ。

キャベツと人参はオリーブオイルで炒めて醤油とカレー粉で味付け。
ウインナーは焼いてケチャップと粒マスタードを絡めてある。
鶏肉はバターで焼いて醤油、みりん、砂糖で味付けしネギを絡めた。
ジャガイモは炒めてクレイジーソルトとブラックペッパーで味付けしピザ用チーズをたっぷり入れた。
菜の花は湯がいて醤油、砂糖、みりんで味付け、すりゴマと煎りゴマを絡めた。
ご飯の上にはいかなごのくぎ煮と梅胡麻ふりかけ。

このおべんと箱を使えばこんなにいっぱいおかずが入っちゃうんだよ…作戦。
おいしいおべんとが食べられていーねー作戦。

このおべんと箱は使いづらいからキライだそう。
でも。
ワタクシはけっこう形といい色といい気に入ってるんだけどなぁ。
せっかく買ったんだし使わせてよっ。

このブログを書いている現在、同居人は隣の部屋でがーぴー寝ている。
ボーッとした顔で起きてきて(ひとりで起きれないからワタクシが起こすんだけどね)、台所に行ったらきっと「ちっ」とか「なんでやねん」とか言うんだろうなぁ。

しかし気にしない。
なぜならワタクシはこのおべんと箱がいちばん気に入っているのだ。


今日は休み。そろそろいらないモノの処分とかしださなくっちゃ。
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 料理ブログへ

お弁当
スポンサーリンク
水のない魚

コメント