想像通りにはいきませんゾ

2014年2月11日、同居人のおべんと

昨日、トンカツ2枚とビフカツ1枚を買ってきて、トンカツとビフカツはカレーに乗せた。
余ったトンカツ1枚は別の皿に置いてあったのだが、そのトンカツを同居人が見つけてニヤリ。
「明日の弁当はははーん」って顔をしやがった。

彼女はまちがいなくカツ丼をイメージしてたはず。
うん。だってカツ丼顔してたから。

そういうのってなんか悔しいよねー。
ってことでちょっと変えてやった。
彼女が想像していたカツ丼は玉ねぎが入った卵でとじた…普通カツ丼って言ったらコレってヤツのはず。
なのでソースカツ丼を作ったのである。

ご飯の上に玉ねぎと卵を炒めたものを乗せ、その上にソースをたっぷり絡めたカツ。
作っていてあまりにもいいニオイでおいしそうだったので端っこのひとつ味見しちゃったよ。
でもラッキーなことにこのおべんと箱にはひとつなくってピッタリのサイズだった。

ソースは、出汁醤油、ケチャップ、薄口醤油、砂糖、水をすべて同じ割合で入れてみた(砂糖だけちょっと少なめ)。
うんみゃかったー。


結局喜ぶのは同居人。でもおまえの考えはわかっとるわい…ってゆーのはイヤだ。
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 料理ブログへ

お弁当
スポンサーリンク
水のない魚

コメント