がきんちょの晩ご飯をおっさんが作りました

1月15日の晩ご飯

2014年1月15日の晩ご飯

昨日作った白菜とささみとニンジンが入ったミルクスープがたくさんあったのでクリームシチューに変えてみた。
ミルクスープにじゃがいもとニンジンを入れて10分ほど弱火で炊く。
でもって、別の鍋でベーコンと玉ねぎを炒めて小麦粉をたっぷりと絡め、そこに炊いたスープを入れただけなんだけどね。

みごとにクリームシチューになっておりましたです。

クリームシチュー

寒い日はシチュー系があったまるよねー。

牛肉と大根の炒めもの

先日、1kg1,000円で買ったカルビ肉は細かく切って大根と炒めてみた。
ニンニクと鷹の爪を入れ、醤油とみりんとオイスターソースで味付け。
やっぱりちょっと固めだったけどそこそこいけましたデス。

サラダ

サラダにはやっぱり昨日作って残っていたタルタルソースをたっぷりかけた。

同居人の仕事先に新しいパートさんが入ってきた。
同居人と組んで仕事をしたそうだけど、その人37歳。
1日いろいろな話をしながら仕事をしていたらしいんだけど、同居人を大学生だと思っていたらしい。
41歳ですよ。

そう、同居人は究極のアホ面しているからとにっかく若く見られる。25歳ぐらいって言われることが多いみたいだけど、大学生って言われることもあるみたい。職場では21〜22歳の同僚にちゃん付けで呼ばれているらしい。

ワタクシもどちらかというと若く見られる方。
でもさすがに30代に見られることはない。

いや、何を言いたいかっていうと、ワタクシと同居人が一緒に歩いていたらどう見られているかっていうこと。
40代のおっさんが大学生ぐらいの女の子と歩いているように見られるってワケだよねー…などと思うのである。


1日話をしていて大学生と思われるって…(。_゚) いったい何の話をしてたんだよ。
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 料理ブログへ

内食
スポンサーリンク
水のない魚

コメント