もひとつ世界に入りこめない「悪の教典」

悪の教典

こういった映画をやったらダメなんじゃないか・・・とかそういったことは置いておくとして単に映画を見た感想を。

これだけ派手にドンパチやって追い詰めていくって感じなのにハラハラドキドキ感がないんだよなぁ。
129分という最近では長めの映画を何に共感するわけでもなくストーリーを追ったってな感じ。
飽きずにずっと見続けられたのはやっぱり監督である三池崇史の力量なんだろうな。

伊藤英明はいいキャスティングだったな・・・と思う。

B00BHAHOI8
悪の教典 Blu-ray エクセレント・エディション(特典Blu-ray付2枚組)
東宝 2013-05-24

by G-Tools


飽きずにどちらかというと楽しく見られた映画だけど好きってわけじゃない。
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 映画ブログへ

コメント