やっぱり内容はないんだ「バトルシップ」

バトルシップ

この映画、日本人がすごく出てきているんだけど、日本人=卑怯って感じで描かれている。ユダヤ人とか黒人とかも出てきていて、アメリカはやっぱり人種差別の国なんだなぁと改めて痛感。

戦闘シーンなどすごくお金がかかっていてそれに目を奪われるんだけど、宇宙人が弱すぎ。弱点ありすぎだろ。
だらだらといろんなことを描きすぎているから鳥肌が立つところがないんだよなぁ。こういった映画はこてんぱんに負けて…もしくは負けそうになるけど、なんとか立ち上がって勝利するっていう方程式があるんだけど、まったくそれが機能していないのがダメなところだろうと思う。脚本とか内容とかに穴や矛盾がいっぱいあるのはもうわかってるからそれはいいとして、それならむりやりにでも感動させなくっちゃって思うんだよなぁ。

浅野忠信が出ているっていうのはしっていたけど、ここまで主役級でずっと出続けてるとは思わなかった。

 B008BEF4DU バトルシップ Blu-ray & DVD (デジタルコピー付)
ジェネオン・ユニバーサル 2012-09-05

by G-Tools


でもこういった映画は見てしまうんだよなぁ。文句も映画の楽しみのひとつなのデス。
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 映画ブログへ

コメント