実話だからしょうがないか「ロンリーハート」

LonelyHearts

ジョン・トラボルタはけっこう好き。
だから見たんだけど。

脚本がよくないのか演出がよくないのかよくわからないけど、物語になんか引きこまれないんだよなぁ。
実際にあった話だからしかたないって言えばしかたないのかもしれないけど、なんかぱっとしないんだなぁ。

 B00140FAQE ロンリーハート [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2008-04-09

by G-Tools


重要な役であるサルマ・ハエックがぱっとしてないっていうのもあるのだと思う。
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 映画ブログへ

11月19日の昼ご飯

今日は同居人が休みだったのでふたりでウィンドウショッピング。
いろいろあって久しく街に繰り出してなかったのでなんか新鮮。ちょっと出ないだけで街はけっこう変わるんやねぇ。

2012年11月19日の昼ご飯

お昼はカツ丼。
なんかここのところずっと食べたかったのである。カツ専門店でなく、丼専門店でなく、カツ丼専門店で。カツ専門店だと、やっぱりカツ丼よりもロースカツ定食とかに目が行くし、丼専門店では天丼とか牛丼とかにも目が行ってしまうから。なのでどうしてもカツ丼専門店で食べたかったのである。
ただ、今回出かけた先にそれがなかった(>_<)
なので、しかたなくカツ専門店食べたのである。
ここのカツはワタクシも同居人もかなり好き。どこだか忘れてしまったけど、○○産のもち豚を使ってるからかどうか知らないけど、かなり厚めで柔らかくておいしいのでちょこちょこ行くカツ専門店である。たぶん今まで食べたカツの中でベスト5には絶対に入ると思っている店なのである。

カツ丼

あぁ〜。やっぱり最初に思った通りにしておいたらよかった〜。
いや、確かにおいしいんだけどカツ丼じゃなくてカツなんだよなぁ。肉自体もトンカツに使う肉よりもちょっと薄めだし、カツを玉ねぎと出汁とたまごで炊いたものをご飯の上に乗せてるんじゃなくって、ご飯の上にカツを乗せて、その上に卵とじをかけてあるって感じ。
おいしいんだよ。ほんとにここのカツはおいしいんだ。でも、あの、なんて言うか、カツが出汁を吸ってしまってカツのさくさく感がなくなってしまってる感じの、あのカツ丼が食べたかったんだよなぁ。

やっぱりこのお店ではトンカツを食べるべきだったのである。
妥協はダメだ!

外食
スポンサーリンク
水のない魚

コメント