小麦

上記写真はまったく関係ないけど、帯広に行ったら必ずしていることがある。

ぶたいちの豚丼

豚丼を食べる。

アサヒ湯にて

アサヒ湯に行ってお風呂に入ってフルーツ牛乳を飲む。

たい焼き工房 広小路店

たい焼き工房広小路店で粒あんのたい焼きを食べる。

今回もそのミッションはクリア。
ホントは、インディアンのカレーを食べる、っていうのもあるんだけど、1泊2日ぢゃそれはなかなか厳しいってことで、今回は泣く泣くパス。

十勝ヒルズにて

上士幌をあとにして、幕別町にある十勝ヒルズに。

あずきソフト

着いてすぐに、ここの名物あずきソフトを・・・・・・。
十勝産の小豆ペーストを練り込んだ十勝ヒルズオリジナルソフトクリーム。
うみゃい。

十勝ヒルズ

食べ終わったらパチパチと撮影を。

十勝ヒルズ

最近ちょこちょこ来てるんだけど、いつも天気が悪いんだよねー。
この日も曇り空。
天気の日に来たいものだ。

十勝ヒルズ

天気が良かったらドローンを飛ばそうと思っていたのに。

十勝ヒルズ

最近、毎月行っている十勝仕事。
だいたい3泊4日ぐらいで行くことが多いんだけど、今回は1泊2日。
まず、上士幌の糠平界隈から。

上士幌町鉄道資料館横

上士幌町鉄道資料館とひがし大雪自然館に。
鉄道資料館の横でエゾシカ発見。
それほど珍しくはないんだけど、見ると撮っちゃうんだよなぁ〜。

エゾシカ

ひがし大雪自然館横にはバス停があり、十勝バスが停まっていた。

十勝バス

十勝バスって好きだなぁ。
カラーも好きだし、ロゴのフォントも好き。
乗ったことはないんだけどねー。

タウシュベツ川橋梁

ここのところ十勝に行くたび必ず訪れているタウシュベツ川橋梁にも。
今年の糠平湖は、いつもよりも水位の高くなるのが遅いみたいで、湖底はちょろちょろと川が流れているだけで、橋脚は水に浸かっておらず、周辺は牧草地のように青々としていた。

タウシュベツ川橋梁にはほとんど人がおらず、ほぼ貸切状態だったのだが、途中で何人かの観光客が。
観光客同士が話していた「第六音更川橋梁の橋脚が崩れたらしいよ」という会話がチラリと聞こえてきた。
先月も撮影しに行ったよなぁ〜と思いながら、第六音更川橋梁に行ってみた。

第六音更川橋梁

橋のそばまで行くとロープが張り巡らされていて立ち入り禁止になっている。
先月撮影した場所まで行かれへんやん。
っていうか、橋梁すら見られへん。
・・・・・・ということで、熊笹しげる道なき道をぐるりと遠回りして歩き、川縁までおりる。川の下から見てみると、橋梁の橋の部分が崩れていた。

勝手に全壊したと思っていたので、ちょっと肩すかし感。
とりあえず動画も撮ってきたのだ。

ちなみに、札幌に帰ってきてから先月撮影した第六音更川橋梁を見てみると・・・・・・なんと、すでに崩壊していた。端っこだけが崩落したのと、上から撮影していたので、気づいていなかったのだ。

札幌コンサートホール Kitara

中島公園にある札幌コンサートホール Kitaraで、PMF GALAコンサートが開催されたので行ってきた。

昨年までなら、PMFの集大成として最後に行われてきたのだが、今年はhitaruがオープンしたからか、最後はそちらに譲ったのか・・・・・・な?

前日が外で見るピクニックコンサートで、翌日がホールで見るGALAコンサート。
ん〜なんとも贅沢だよねー。

開演前のファンファーレ

芸術の森で行われるPMF2019ピクニックコンサート。

ピクニックコンサート

食べものを食べたり飲んだりしながらラフな感じでクラシックが見られるピクニックコンサート。テント張ったりしてもOKだしね。
子連れで見に来ている人も多くて・・・・・・いいよね、こういう環境。

ホルンの演奏

開演前、入口付近でホルンの演者たちが軽く演奏をしてくれていた。

サラ・ウィリス先生

そばにシャボン玉を作る機械があって、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団所属で、PMFの講師として来日されているサラ・ウィリス先生が、ホルンの口からシャボン玉が出ているような写真が撮りたい・・・ということで、カメラマンの前でポーズされていた。
なかなかうまいこと撮れないみたいで、何度も何度もチャレンジしていた。
そのシーンを横からパチリ。

ホルン
ラベンダー

ラベンダーの季節だ。
町を歩いていると、あちらこちらでラベンダーを見ることができる札幌。
ん?
札幌だけでなく北海道ってことなのかな。

ラベンダー

家の庭にも植えてあるし、歩道でも見ることができる。
大阪じゃラベンダーなんて見ることなかったもんなぁ。

ラベンダー

ラベンダーで有名な富良野には今年は行くことできなさそうだけど、札幌の町を歩いているだけで十分堪能できるよねー。

7月10日のおべんと

昨晩のおかずの酢豚を使って2食弁当風。
酢豚、まずくはないけど自分の思った味とちょっと違うんだよなぁ。
同居人はおいしいって言ってくれるけど、彼女は口に入るものはなんでもおいしいってゆーからなー。
うわって声が出るほどうみゃい酢豚が作りたいっ!
だった酢豚好きなんだもーん。

ナスとプチトマトを炒めたもの、キャベツとニンジンを炒めたもの、玉子焼き、ウインナーを焼いたもの。

札幌にて同居人とふたり暮らしをしている50代のオヤジ。

フリーランスのライター&カメラマンをしています。
道内をいろいろ回って取材や撮影の仕事をしています。

札幌にいるときは同居人のお弁当を作り晩ご飯を作っています。

サイト内検索

カレンダー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

コメント

メール

メールアドレスは
cattail.Sapporo@@gmail.com
です。

お送りいただくときは全角の「@@」を半角の「@」に変更してお送りください。

広告






amazon