昼ご飯を食べてから向かったのは“兵庫県立コウノトリの郷公園”。
兵庫県立コウノトリの郷公園のサイトは → コチラ

コウノトリに興味があるとかそんなんじゃまったくないけど、けっこうニュースでコウノトリが繁殖したとか、巣立ったとか、放鳥したとか、どうだこうだと言ってるんで、近くまで行くんなら見ておこうかな〜…という単なる興味だけなんだけど。

兵庫県立コウノトリの郷公園

中を全部まわろうかとも思ったんだけど行ってみたら、敷地があまりにも広くて全部をまわったら1時間とか2時間とかじゃムリみたいな感じ。平らな道じゃなく山道っぽい感じだしね。

コウノトリ

なので入り口付近にいるコウノトリを見て、撮影し、それで行って全部見た気持ちになっておいた。

コウノトリ

コウノトリ

いや、それにしてもコウノトリって顔が可愛くないよなぁ。性格悪そうな、っていうか気がきつそうな感じの顔してる。ちょっと見ただけじゃ愛着とかわかないよなぁ。

コウノトリの郷公園で1時間弱ほど過ごし、次の目的地に。
次の目的地は……。

コウノトリ但馬空港

コウノトリ但馬空港(サイトは → コチラ)。
ここも別に興味があったってワケでもないけど、こんな場所にムダだぞってなニュースがよく流れていたってこと、コウノトリ但馬空港って名前が覚えやすかったこともあって、ちょうど近いし行ってみようか…ってことになったのである。

コウノトリ但馬空港

行ってみてビックリ。駐車場がタダ。なのにガラガラ。いかに利用されていないかがよくわかるねー。

コウノトリ但馬空港

空港内も人影はまばら…っていうか数人しかいなかった。働いている人の方がはるかに多いなって感じ。

コウノトリ但馬空港

コウノトリ但馬空港

滑走路には飛行機はおらず。っていうか、1日に何便かしか来ないからね。たぶん赤字なんだろうなぁ〜。
空港には行ってみたものの何もなく30分もいなかった…かな。
写真だけ撮って次に向かった。

シルク温泉やまびこ

次に向かったのはシルク温泉(サイトは → コチラ) 。
帰路は高速とか専用道路を使わないでぶら〜っと帰ろうって同居人と話していて、前もって帰りの道を見ていたら地図に載っていたのでそれなら寄ってみようかということになったってワケだ。こちらも人が多かったので(多かったとはいっても平日なのですいてはいたが)、中の写真は撮れず。外観だけを撮ってきた。

ãã°ã½ããã¯ãªã¼ã

館内で“そばソフトクリーム”っていうのが売っていたので思わず買ってみた。そばのニオイがちょっとするおいしいソフトであった。
次に向かったのは岩井温泉の次の目的地というべきところ。地図を見ていて「ここは〜!」と同居人とふたりして絶句したところである。絶句は言い過ぎだけんど。

但熊

たまごがけごはん専門店「但熊」。
サイトは → コチラ

但熊

卵かけごはん専門店って全国にいくつかあるって聞いていて、行ってみたいよねーと常々同居人と言っていたのだが、まさかこの旅行の道中で見つけるとは! ってことで行くことにしたのだ。

但熊

ここは取れたての卵が食べ放題ってことらしい。
すんばらしいことぢゃないですか〜ともう行く前からワクワク。特に同居人、卵かけごはんが大好きだからねー。

卵食べ放題

入ってビックリ! どーん。
机の上に無造作に卵がいっぱい置いてある。
卵かけご飯定食が350円。で、ご飯おかわりが150円なのだそう。

たまごかけご飯専用の醤油

3種類の卵かけごはん専用の醤油も置いてある。

ネギと海苔

海苔とネギもかけ放題。

卵かけごはん定食

これが卵かけごはん定食だ。さっそく食べてみる。

卵かけごはん

うぅぅ。後から写真で見ても旨そー。

卵かけごはん

結局ワタクシ、ご飯を2杯おかわりし、卵は計4つも食べたのでありました〜。はっきり言ってズボンのベルトは緩めた。それでも食い過ぎってぐらい食べ過ぎた。でもおいしいんだもーん。

ということで、あとはゆっくりと帰路についたって感じ。ここから先はここっていう寄り道はしなかったけど、道の駅みたいなところにはよってお土産を見たりして、夕方の渋滞をさけながら帰ってきたのである。
温泉に浸かって癒やされたのか、いろいろまわったし食べ過ぎたしで疲れたのか…はよくわからなかったケド、まぁ非日常を味わえた旅行なので行ってよかったよかった。年に1回ぐらいは行きたいものである。

朝、お風呂に入って朝ご飯。

岩井屋、朝ご飯

湯豆腐も

こんな感じ。
9時過ぎにチェックアウトして次の目的地に。
岩井温泉から車で1時間もかけることなく湯村温泉(→ ココ)に行くことができる。 10年以上前に同居人と来たことがあったのだが、せっかく近くを通るのだから…と寄ってみたのだ。

湯村温泉

ここは元湯が温泉街の真ん中にある。98℃という高温泉が毎分470リットルも湧出しているんだそう。そこで野菜を茹でたり、温泉たまごを作ったりすることができるのだが、さすがに朝ご飯を食べたばかりなのでちょっとそれはムリであった。

湯村温泉

里芋を茹でていた。

湯村温泉

湯村温泉

元湯のすぐ横には春来川という川が流れていて、その横で足湯が楽しめるようになっている。その足湯さえ源泉掛け流しなのである。

湯村温泉

せっかく来たのだから温泉に入っていこうってことになり、公共の外湯「薬師湯」に入ってきた。

薬師湯

まだ10時ぐらいというのに、けっこう人が入っていて写真は外観しか撮ることができなかった。ゆっくりお風呂に入ったけどまだ午前の11時ぐらい。
湯村を後にして次の目的地へと向かったのである。

村岡ファームガーデン

向かったのは村岡ファームガーデン(→ コチラ)。
何しに行ったのかというと、もちろん昼ご飯。ここは但馬牛が食べられる。なので何か食べようってことで寄ってみたのである。
しかし、ステーキとかは高すぎる。いや、都市にあるステーキハウスなんかで食べるよりははるかに安い。でも俺たちゃびんぼー。だから高いものは食べられないのだ。旅館に泊まったってだけですごいことなんだから。

シンプルカツカレー  

で、食べたのは…というと、同居人がシンプルカツカレー。

但馬牛世界ジオバーガーセット

ワタクシが但馬牛世界ジオバーガー。どちらも1000円までで食べられるからちょっとムリすりゃ食べられる価格。

但馬牛世界ジオバーガー

肉はステーキのんよりも薄かったけどそれはそれでしかたがない。おいしくいただきましたのだ。

夕方、岩井温泉に到着。

岩井温泉

何もなさげ…と最初に予約したときから思っていたのだが、ホントに何もない。通りに面して旅館が3軒あって、公共浴場が1軒あるのみ。みやげ物屋とか、喫茶店とか、そういった観光地の温泉街にあるものは一切ない。おぉぉ鄙びた感じがいい雰囲気である。

岩井温泉

泊まった旅館は岩井屋さんという老舗の旅館である。…っていうか、この岩井温泉には、花屋旅館さん、明石家さんという3軒の老舗旅館しかないのだ。

岩井屋

これが岩井屋さんというワタクシたちが泊まった旅館。

部屋

部屋はこんな感じ。壁付けにされている液晶テレビがなんか違和感。お茶をいただきちょっと休憩したらすぐにお風呂に。

廊下

お風呂に向かう廊下もいい感じ〜♩

お風呂

お風呂

お風呂

これがお風呂。立って入るお風呂で、173cmのワタクシの身長で胸ぐらいまである。足元からあぶくがポコポコと出ていて、あぁこれが自然湧出なんだなぁ〜と実感する。

部屋に戻って少し休憩するもまだまだ夕食までは時間があるので、周りを散策することにした。ここ岩井温泉では1000円で入浴手形を発行していて、それを持っていたらほかの旅館、公共浴場が無料で利用できるのだ。なのでそれを買ってお風呂巡りをすることにした。

入浴手形

これが入浴手形。まずは花屋旅館のお風呂に行くことにした。

花屋旅館

ここが花屋旅館。

花屋旅館

板張りで浴槽も板。檜かな? よくわからんけど、なんとも風情のあるお風呂である。

花屋旅館

外に池がある…と思ったらこちらは露天風呂。

花屋旅館

露天風呂にも入ってはみたけど、手入れされていない池って感じでいっぱい苔が生えていたし、落ち葉だらけでなんかちょっともひとつ…って感じであった。

次に行ったのは明石家さん。

明石家

この旅館にもお風呂と露天風呂がある。脱衣所は別にあるので、露天に入ったらいったん浴衣を着て、もひとつのお風呂に行ったら浴衣を脱いでってことをしなくちゃいけないのがちょっと不便であった。

明石家

これが明石家さんの露天風呂。写真だけじゃわかりづらいかもしれないけど、深さが15cmもない感じ。だから体全体をお湯に浸すっていうのはムリ。そしてかなりぬるめ。だから冬はムリなんじゃないかなぁ。ここも落ち葉がいっぱい落ちていて池って感じであり、入るのにちょっと勇気がいった。

明石家

そしてここが明石家さんの露天風呂の脱衣所。

明石家

内風呂はこんな感じ。広くて明るくて開放的な感じがいいね。平日ってこともあり、どの旅館のお風呂にも人が入っていないっていうのがよかったね(写真が撮れたから)。

ゆかむり温泉

そして公共の温泉施設っていうかお風呂屋さんであるゆかむり温泉に。ここはさすがに人が多く、中の写真は撮れなかった。なので外観だけ。
お風呂に連続して入ってけっこうぽっぽぽっぽ。けっこう急いで入ったって感じだったけど、さすがに4軒のお風呂に入ったとなると体もほてる。帰りに岩井屋さんの裏を流れている蒲生川の写真も撮った。

蒲生川

蒲生川

入浴手形でお風呂巡りをしたのはワタクシだけ。同居人はめんどくさがっていかなかった。
戻ってみるとそろそろ夕食。

夕食

夕食

夕食

夕食

夕食

夕食

夕食

こんな感じ〜。もちろん腹一杯になりましたのでっす。
食後1時間ほどゆっくりしてまた内風呂に。この時間ぐらいから男湯と女湯が入れ替わる時間みたいなんで、夕方着いたときに入ったお風呂とは違うお風呂に入れることになる。

お風呂

ここのお風呂は(さっき入ったのもそうだけど)天井が高くてすごくいい感じだね。このお風呂も立って入るタイプの深めのお風呂。ここも足元から自然湧出されているらしくポコツポコッと泡が浮かび上がってくる。

お風呂

こちら側のお風呂には露天風呂もあった。ゆっくり浸かって今日の疲れを癒やしておいた。
お風呂出てからちょっと休憩しても一度お風呂。今度は家族風呂に入ってみた。家族風呂は貸し切りなんだけど、これが無料。すいているときはいつでもどうぞって感じ。貸し切り風呂だけお金を取る旅館もけっこうある中、こういった感じで無料で提供してくれているところはありがたい。

家族風呂

この日はこれでおしまい。お風呂でゆっくり疲れを癒やし,早めに寝たのである。次の日もいろいろ寄りたいところを考えてたからねー。

満腹になって出石を出て次に向かったのは玄武洞。
以前、城崎温泉に行ったときに来たことはあるのだが、それも20年以上も前の話。なのでもう一度見ておこうと思ったってワケ。

玄武洞

玄武洞は玄武岩でできた洞窟。国の天然記念物に指定されているらしい。山陰海岸国立公園に含まれ、青龍洞、白虎洞、南朱雀洞、北朱雀洞の洞窟と玄武洞ミュージアム(サイトは → コチラ)と合わせて玄武洞公園と呼ばれている。

玄武岩

玄武岩

玄武岩

奇妙な形をしているよね〜玄武岩。
そして玄武洞公園の前を流れているのが円山川。

玄武公園から見る円山川

円山川

玄武洞で最近有名なのが玄さん。ゆるキャラブームが起きたときに誕生したのか、前からいたのかは知らないけど、とにかくゆるキャラブーム時にけっこう有名になったから知っているっていう人も多いんじゃないかな。

玄さん

彼がやってきました〜。
1日に何回かここにやってきて写真撮影とかしてくれるみたい。ほかの観光客が一緒に撮影していたけど、なんか見ていてすごく上からって感じの紹介。撮らせてあげますよ〜って感じで市の職員かはよくわからないけど対応していた職員の態度がちょっと気になったかな。ちょっとブームだからって勘違いしてるなぁ…などと同居人と微笑ましていただきましたよ。

玄武洞と玄さん

玄武洞公園を後にして向かったのは余部鉄橋。
鉄橋から列車が転落し、その危険性から鉄橋を潰して新しい橋梁に作り替えられている最中…っていうか、もうほぼ終わっているんだけど。鉄橋時代に来たことがあるんだけど、建て替えられてからははじめて。

余部橋梁

これが橋の下。
右側の赤いのが元の鉄橋。今は取り壊し作業中であった。
そばに余部駅があってそこには展望台とかがあるっていうことだったので行きたかったけど、車ではどうも行きづらそうなので辞めておいた。

そしてここから岩井温泉に向かったのである。途中で車で海岸線まで下りられるところがあったので下りて写真をぱちり。

浜坂周辺の海辺

ワタクシと同居人と両方が同じ日に連休が取れたのでレンタカーを借りて1泊旅行に行ってきた。
行ったのは鳥取県にある岩井温泉。ゆかむり温泉と言われている。
(岩井温泉のサイトは → コチラ
宿が3軒しかなく、そのうちの岩井屋のお風呂は源泉掛け流しで足元からお湯が自然湧出しているっていうのを知っていちど行ってみたいなぁ〜と思っていたのだ。
車で行くので行き帰りに周辺を観光できそうっていうのもいい感じ。電車で行くのも好きだけど、電車だとなかなか途中下車してまでってしづらいし、それをすると時間がけっこうかかるから、直接温泉地に向かってしまうってことが1泊2日の旅では多くなってしまうからね。

まず最初に寄ったのは西紀サービスエリア(にしきって読むのだ)。

西紀サービスエリア

ソフトクリームが売っているのを見たら買って食べなくては死んでしまうという奇病のワタクシとしては、黒豆ソフトがあるこの西紀サービスエリアには前々から行きたいと思っていたのだ。黒豆って言えば丹波の名産だからね。

é»è±ã½ããã¯ãªã¼ã

ウマイね。黒豆がうまいってんじゃなくってソフトクリームがウマイってこと。っていうか、それほどおいしくないソフトクリームに出会ったことないからね。黒豆の味がほんのりするソフトクリーム、300円とちょっと高めだけど食べる価値はあるんじゃないかなぁ。

そしてお昼には出石に到着。
(出石町公式観光ガイドのサイトは → コチラ
出石は蕎麦で有名なんで昼ご飯はぜひ出石でって思っていたのだ。

出石の街並み

せっかく蕎麦で有名なところにきたんだから、1軒で食べるだけじゃもの足らない。食べ比べしたいな…ってことで、街を散策する前に1軒目に。

そば庄

1軒目はそば庄。

出石そば

こんな感じで5皿出てきて、とろろをつけたり、大根おろしで食べたり…など、いくつか味を変えて楽しめるのが皿蕎麦。もちろんおいしいに決まってまっす。

出石城大手門

1軒目を出てちょっと腹ごなしをするために出石城下町を歩く。

桜舞う出石

ちょうど桜が散りかけだったので、風で桜の花が舞うのがなんともいい感じ。

出石城下絵地図

歩いていると但馬牛まんのいいニオイが……。あぁぁ。食べたら蕎麦の食べ歩きがツラクなる…と思うのだが気持ちは抑えられない。

但馬牛まん

但馬牛まん

但馬牛まんを買ってしまった。ふたりで半分ずつ食べる。おいしいに決まってっじゃん。さらに15分ほどブラブラして2軒目のそば屋さんに。まだお腹はけっこうふくれた状態なんだけどね。まっ蕎麦ぐらい入るよねーってな感じ。

湖月堂

2軒目は湖月堂・内堀店。

出石そば

ワタクシは皿蕎麦を、同居人はおろし蕎麦を頼んだ。

出石そば

1軒目も2軒目もおいしかったぁ〜。味を比べるなんてワタクシたちの貧弱な舌ではムリなんだけど、好みとしては1軒目…かな。
お腹は満腹。3軒か4軒はしごするつもりだったんだけどねー。皿蕎麦1つを2人で食べたらよかったんだろうけど、2人分の場所を占領して1人分の料金では店に迷惑かなぁ〜などと考えてしまってふたり共注文したんだけど。そこまで思うことなかったかなぁ〜などとも後になって思ったのである。

4月11日のおべんと

2012年4月11日、同居人のおべんと

4月13日のおべんと

2012年4月13日、同居人のおべんと

4月14日のおべんと

2012年4月14日、同居人のおべんと

ブログを新しくしたこと、いろいろと環境が変わったことなどからブログの更新ができてなかったので、ちょっとまとめてアップ。

3月30日の同居人のおべんと

2012年3月30日、同居人のおべんと

3月31日の同居人のおべんと

2012年3月31日、同居人のおべんと

4月2日の同居人のおべんと

2012年4月2日、同居人のおべんと

4月4日の同居人のおべんと

2012年4月4日、同居人のおべんと

4月6日の同居人のおべんと

2012年4月6日、同居人のおべんと

4月7日の同居人のおべんと

2012年4月7日、同居人のおべんと

4月8日の同居人のおべんと

2012年4月8日、同居人のおべんと

4月9日の同居人のおべんと

2012年4月9日、同居人のおべんと

これまで「水のない魚〜ぱくぱく編〜」「水のない魚〜きょろきょろ編」という2つのブログを管理してきたのですが、2つを管理することがめんどくさくなったのと、どちらにアップしていいのか考えることがあるので、それなら…ってことでブログを1つにまとめることにした。

札幌にて同居人とふたり暮らしの50代のオヤジ。
ちょこっと仕事しているけどほぼ主夫。
同居人のお弁当を作り晩ご飯を作っている。
続き...

もうひとつのブログ「ウロウロソゾロ」も立ち上げているのでそちらもご覧ください。
 ↓ ↓ ↓

instagram

Twitter

サイト内検索

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

メール

メールアドレスは
cattail.Sapporo@@gmail.com
です。

お送りいただくときは全角の「@@」を半角の「@」に変更してお送りください。

amazon

温泉に行くなら・・・!

温泉の日程調整ツール 調整さん

オススメ



Powered by fun9.net

新規モニター登録

マクロミルへ登録


フルーツメール