悪の教典

こういった映画をやったらダメなんじゃないか・・・とかそういったことは置いておくとして単に映画を見た感想を。

これだけ派手にドンパチやって追い詰めていくって感じなのにハラハラドキドキ感がないんだよなぁ。
129分という最近では長めの映画を何に共感するわけでもなくストーリーを追ったってな感じ。
飽きずにずっと見続けられたのはやっぱり監督である三池崇史の力量なんだろうな。

伊藤英明はいいキャスティングだったな・・・と思う。

B00BHAHOI8
悪の教典 Blu-ray エクセレント・エディション(特典Blu-ray付2枚組)
東宝 2013-05-24

by G-Tools


飽きずにどちらかというと楽しく見られた映画だけど好きってわけじゃない。
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 映画ブログへ



コメント & トラックバック

No comments yet.

コメントする

札幌にて同居人とふたり暮らしの50代のオヤジ。
ちょこっと仕事しているけどほぼ主夫。
同居人のお弁当を作り晩ご飯を作っている。
続き...

もうひとつのブログ「ウロウロソゾロ」も立ち上げているのでそちらもご覧ください。
 ↓ ↓ ↓

instagram

Twitter

サイト内検索

カレンダー

2018年6月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

コメント

メール

メールアドレスは
cattail.Sapporo@@gmail.com
です。

お送りいただくときは全角の「@@」を半角の「@」に変更してお送りください。

amazon

温泉に行くなら・・・!

温泉の日程調整ツール 調整さん

オススメ



Powered by fun9.net

新規モニター登録

マクロミルへ登録


フルーツメール